さいたま市南区の矯正歯科/くろさき歯科

初診の方はこちらの番号からおかけください

050-5793-2205(初診の方もご予約をお願いします。)

再診・その他:048-887-9639

埼玉県さいたま市南区南浦和2-38-1北原ビル4F
平日 9:30〜13:00/14:00〜20:00 土曜 9:30〜13:00/14:00〜17:00
休診日 日・祝日・祭日

HOME ■アクセスマップ
院長のご挨拶 院内紹介 スタッフルーム 診療案内 矯正歯科について お母さんと一緒 掲載書籍のご紹介
くろさき歯科はこんな歯医者さんです>>
 小児歯科(お子様の歯のQ&A)
担当医 中村 鴨下
お子様の虫歯は早期予防・早期治療・治療後の定期検診が大切です!
赤ちゃんの虫歯予防は?
生後6〜7ヶ月で下の前歯が生え始めます。この時期は歯を磨く事よりも、お口を開けたり歯ブラシの感触に慣れることを目標に遊び感覚でお母さん磨きを始めましょう。
本人にも乳児用の安全タイプの歯ブラシを持たせるとよいでしょう。
食後はお母さんと一緒に歯みがきタイムをしましょう。
寝かせつけ授乳・哺乳ビンは避け、お誕生過ぎには断乳できるように心がけましょう。
幼児期の虫歯予防は?
第1にお口を清潔にすることです。一日最低2回のお母さん磨きを心がけましょう。
特に夕食後(寝る前)は念入りに。ムシ歯は寝ている間につくられます。
第2は飲み物に注意です。乳酸菌飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、100%ジュース、コーヒー牛乳などは極力避け水分補給はお水、お茶にすることです。この時期のムシ歯発生の原因の大部分は飲み物ムシ歯といってもいいでしょう。
ムシ歯の好発部位は上の前歯の歯と歯の間と乳臼歯のかみ合わせの溝の部分です。これを防ぐのには、前歯の間のデンタルフロスによる清掃、乳臼歯のシーラントによる溝埋めの処置が有効です。
フッ素塗布はいつ頃から?
乳歯が生えてからとなりますが、上の前歯が4本ぐらい生えた頃からでよいでしょう。
塗布間隔は塗布するフッ素の種類や濃度によって若干異なりますので、歯科医に相談してください。
治療を嫌がるのですが・・・。
泣きながらの治療は決して行いません。
歯科の治療は痛くないし、怖くないということをしっかり説明し、お子様が納得した上で治療を行います。
上手に治療を受けられるようになるまでの時間には個人差はありますが、必ず皆でできるようになります。治療を始める前にしっかり時間をとって説明をし、本人に納得させることから始めるようにしています。
納得したうえで、自分の力でうまく治療を受けることができれば、お子様にとって大きな自信となり、次回からもストレスなく来院出来るようになるでしょう。
また、上手に治療できたときに褒めてあげることも大切です。
お子様が診療室から出てきたら、お母さんは褒めてあげてください。
虫歯はどのように見つけるのですか?
最も虫歯の出来やすいといわれる場所の 「奥歯の咬み合せ」の溝の中を見ていただいて溝が少々白っぽいとかやや茶色っぽいとかが見つかりましたら虫歯の始まりと思ってください。
また、歯と歯肉の境目も汚れが残りやすいところです。よく磨いた後に歯肉の境目が白い帯状になっていたら初期の虫歯で脱灰(カルシウムが抜け出ている状態)かもしれません。
また、最も虫歯の出来やすい所の一つである隣接面(歯と歯の間)は、かなり大きくなるまでは外からは見えないのです。ここは非常に発見が難しくて集団検診などでは、見過ごされてしまう事も多いのです。 
シーラントってなに?
奥歯の溝は、プラーク(歯垢)がたまり、虫歯になりやすい部分です。
あらかじめシーラントという材料で、溝を塞ぐことで、虫歯を予防します。
むし歯はうつるんでしょうか?
口の中には細菌がたくさん住んでいます。常時いる菌として、大腸菌などがいるのですが、呼吸したり、おっぱいを飲んだりするうちに徐々に細菌の種類が増えていきます。
しかし、子供よりもたくさんの菌を持っている大人が、口移しでものを食べさせたりすると細菌の量や種類のバランスが大きく狂って病気やむし歯の原因になることがあります。
診療室案内に戻る>>

 
Copyright Kurosaki Dental Clinic Allright Reserved