長く快適に使える良い入れ歯を作りたい

入れ歯を初めて作る時には「入れ歯によってどれだけ感覚が変わってしまうのか」「できることなら今まで通りに食べたい、話したいけれども大丈夫なのか」と心配を抱えてしまうものです。
また、既にお作りになられた方の中には「入れ歯が合わず痛い」「上手く噛めない」という不満を抱えてしまっている方も少なくないのが実際のところです。
入れ歯を作る際には、長く快適に使える良い入れ歯を作りたいというのが皆さまの当然のご希望だと思います。

患者さまにとって、より良い入れ歯を作るためにはどうしたらよいのか。くろさき歯科では「噛み合わせ」を第一に考えた入れ歯作りを行っています。

噛み合わせのしっかり入れ歯こそが、良い入れ歯

噛み合わせはお口の中の健康はもちろん、全身の機能をも左右する、人間の機能の中でも重要なポイントです。ご自身の歯で生活をされていた頃に出来るだけ近く、違和感なく快適に食事やお喋りを楽しんでいただく。そのためには、お口の根本である噛み合わせから考えて入れ歯を作ることが欠かせません。

入れ歯を作るにあたって、機能の良い入れ歯がいい、見た目の良い入れ歯がいい、快適な入れ歯が良い…と希望は色々とあることと思いますが、お口の機能や健康の根本である「噛み合わせ」がしっかりした入れ歯を作ることを考えことが、長年のパートナーとして快適に使い続けることができる、より良い入れ歯を作る上での第一歩です。

なぜ噛み合わせが重要なのでしょうか

噛み合わせはお口と全身の機能を左右します

身体全体のバランスや機能は、アゴが左右していると言われています。
アゴは身体の中心である背骨や頭蓋骨を支える首などと密接に関係しており、アゴがずれてしまえば全身のバランスも調子が悪くなってしまいます。
アゴのずれとはつまり歯の「噛み合わせ」がしっかりとしているかどうかということです。

噛み合わせが悪化してしまうと、虫歯や歯周病や顎関節症といったお口の問題になりやすい状態になってしまいます。
せっかく入れ歯を作って、お口の機能を取り戻したとしても、別の虫歯によって歯を失ってしまっていては、長期的な改善とは言えません。
また、お口の中の異常だけではなく、体の歪みや肩こりや腰痛の原因となりストレスからさらなる悪影響をもたらすなど、噛み合わせが全身の健康を左右することと関係していきます。
入れ歯が合わなくて、様々な身体の不調を招いてしまっていた歯に、ぴったり合う入れ歯を作ることで全身の機能が改善された、といった患者さんの例もあるほどです。
当院ではお口の中だけにとどまらず、全身の姿勢や、目や鼻のラインなどの写真を撮り、噛み合わせから身体全体のバランスを考えます。

噛み合わせからしっかりした入れ歯で快適な暮らしを

歯を失ったままの状態や、合わない入れ歯を使って噛み続けていると、歯や歯ぐき、それを支えるアゴの骨にかかる力は偏ってしまい、噛み合わせは崩れてしまいます。
ですので、しっかりとバランスよく噛める入れ歯で失った歯を補い、適切な噛み合わせを取り戻し、お口や全身の機能をより良い状態にすることが、入れ歯作りの一番の目的となります。
しっかりと作った入れ歯で正しい噛み合わせを取り戻して、快適に食べることやしゃべることができる日々を送りましょう。

入れ歯の土台が悪化してしまうと、また作り直しに…

適切な噛み合わせになっていない入れ歯を作ってしまうと、アゴにかかる力が偏ってしまいます。力の偏りによってアゴの骨が弱り、入れ歯をはめる土台が崩れることとなり、「せっかく作った入れ歯が合わなくなった」ということに繋がってしまいます。
また噛み合わせの悪化が虫歯や歯周病を招き、それによって更に噛み合わせが悪化するという悪循環から入れ歯が合わなくなってしまう恐れもあります。
入れ歯が合わなくなって何度も作り直しになってしまわないためにも、噛み合わせのしっかりとした入れ歯でお口の状態を健康に保つことが重要となります。

噛み合わせの専門家による、しっかりと噛みあう入れ歯作り

専門家チームによる精度の高い入れ歯を作ります

当院では入れ歯作りの専門家がそれぞれの分野を活かし、噛み合わせからしっかりと入れ歯を作るための治療体制を整えています。
当院院長は、日本補綴歯科学会認定の補綴(ほてつ:入れ歯や被せ物)専門医として、長年入れ歯治療を行っています。
また、「入れ歯専門の技工士」「噛み合わせ専門技工士」が当院まで出張して来ています。入れ歯を作る技工士は歯科医院内に居ないことも少なくないのですが、当院では患者さまと技工士が直接やりとりし、細かいニュアンスまで伝えて調整することができます。

お口の感覚はとても繊細なもので、歯のすき間に小さな食べカスが挟まっただけでも大きな違和感が出てしまいます。
入れ歯という器具をお口に入れる際には、わずかな違いが大きな違和感や噛み合わせのズレにつながってしまいます。
補綴の専門医・入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士がチームを組むことで、高い精度での入れ歯作りを行います。

歯を失う原因から考え、正しい噛み合わせを保ちます

噛み合わせは入れ歯作りだけの問題ではありません。歯を失う事になってしまった原因を解決しないことには、また別の歯を失い、噛み合わせも崩れてしまう恐れがあります。そうなってしまわないためにも、入れ歯だけでなく虫歯や歯周病など様々な歯科分野の認定医や専門医と共に、あなたのお口が適切な噛み合わせを保てるように治療を進めていきます。
もちろん、資格はひとつの指標です。素材や技術は進化し続けているため、技術の研磨や知識の習得も日々行うことで、新しい情報を取り入れた治療をお約束します。

あなたのお口にしっかりと噛み合う入れ歯作りを、ぜひご検討ご相談ください。