機能性の高い入れ歯という選択肢

歯を失った際にはインプラントや入れ歯で補うことをご検討されることになります。

インプラントはメリットの大きい治療法ではありますが、一方で心理的な抵抗や身体的な負担への不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

手術というものはどうしても怖いものですし、麻酔が効きづらくて心配といった方もいらっしゃいます。
またインプラントについて調べていくうちにインプラントの失敗や術後のトラブルの事例やニュースを目にすることとなり、インプラントをためらってしまうこともあると思います。
何よりインプラント入れるということは、手術をして身体に人工物を入れることへの抵抗感、身体的な負担への心配、取り返しがつかなそうなイメージといったマイナスな感想をどうしても持ってしまう方もいらっしゃいます。

インプラントか入れ歯かを検討される際にありがちなのですが、インプラントと保険で作れる入れ歯を比べてしまい、インプラントには入れ歯にはないメリットがある。入れ歯は痛くて不便なものであると、ことさらに強調された印象をもってしまうことが多くみられます。
ですが自由診療で作った入れ歯であれば機能性が良く、装着した違和感の少ないものを作ることができます。
インプラントへの抵抗や不安を感じられているのであれば、自由診療の入れ歯という選択肢を含めて検討して頂くことをお勧めします。

インプラントのリスク

インプラントか入れ歯かを検討される上で、インプラントのリスク面についてご紹介します。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、歯周病と似た炎症です。歯周病よりも進行が速いのが特徴で、最終的にはせっかく作ったインプラントが抜け落ちてしまうこともある、インプラントの失敗例として典型的なものです。

歯を失う原因の多くは歯周病です。歯を失ってしまった原因を見ずに、失った歯だけを回復しようとインプラントを埋めるだけでは、根本的な解決にはならないと考えております。 失った歯を補うためにインプラントにするだけでなく、インプラント周囲炎にならないようお口の状況から改善する必要があります。

インプラント手術のリスク

インプラントの手術では、アゴの骨に穴をあけて埋め込むこととなります。アゴの骨は神経が近く、これを傷つけてしまい唇の麻痺などを引き起こしてしまうリスクや、上のアゴを貫通してしまい感染や副鼻腔炎などが起こる場合もあります。
歯を失ったまま時間が経ってしまうと、インプラントの土台となる骨は吸収され薄くなり埋め込むことがより難しくなることもあります。
医師はCTを撮影するなど神経やアゴの骨のお口の状態をチェックし、細心の注意を払って手術を行います。

どの医師なら大丈夫か

技術が高かったり経験のある医師は細心の注意を払いこのようなリスクを回避して問題なくインプラントを行いますが、一方で未熟な医師であったり、十分な準備や治療ができない安価なインプラント治療によるトラブルがニュースになってしまっています。
患者さまからみたら本当に大丈夫な医院かどうかを区別することは難しいことで、不安の種の1つになることと思います。

あなたのお悩み、入れ歯でも解決できないかご検討を

当院はインプラントではなく、第一選択肢として入れ歯をお勧めします。
入れ歯という選択肢によって、インプラントのリスクを回避し不安を抱えたまま手術をすることもなく、噛みやすい入れ歯、しっかり味わえる入れ歯、見た目でバレにくい入れ歯など、高機能でより快適な生活を実現できます。
インプラントと保険で作れる入れ歯を比べてしまうと、保険で出来る入れ歯は素材や工程に制限がかかってしまい、得られる機能性・メリットに大きな差がどうしてもあります。
ですが自由診療で作る入れ歯では、素材や工程にこだわって精度や機能性が高いものを作ることができるため、機能性を重視して失った歯を補う方にとっても、インプラントのメリットと不安やリスク、入れ歯のメリットやデメリットとを比べて検討することも十分現実的となってきます。

噛み合わせから考えた入れ歯

また、歯を無くしてしまう原因となる虫歯や歯周病であったり、良く噛めない違和感などのトラブルには「噛み合わせ」が関わります。
噛み合わせから考えて入れ歯を作ることでも、長期間快適に歯を補い生活を送ることが可能となります。

噛み合わせの問題があるまま、歯を失った部分にインプラントや入れ歯を入れるだけでは、噛み合わせの不具合でせっかく入れたインプラントや入れ歯がダメになってしまう場合もあります。歯を補うためにはまず噛み合わせについてしっかり考えることが重要です。

噛み合わせを考えた入れ歯についてはこちらの記事でも詳しくご説明しています。

様々な選択肢からご相談・ご検討ください

入れ歯が痛い、入れ歯が合わないといった失敗を避けるための解決策にはインプラントはもちろんありますが、しっかり噛み合うような精巧な入れ歯を作るということも選択肢となります。
さらに当院では入れ歯かインプラントかの選択肢はもちろん、二つを組み合わせたインプラントオーバーデンチャーという方法もご提案できます。

患者さまが解決しようとしていたお悩みは、インプラントだけでなく入れ歯でも解決できる部分がある、という視点で幅広い選択肢から治療の方法を検討していただきたく思います。
心配や不安を抱えることなく失った歯を補う治療を行うためには、様々な選択肢から、ご自身のお口の状態やご希望に合った治療法は何なのか、しっかりと医師と相談することをお願いいたします。