成人の方から「この歳になってからでも矯正はできるのか」という質問を頂くことが日々の診療で度々あります。
結論から言いますと、多くの場合が可能です。

矯正による歯の移動は。人の細胞が新しく生まれて古いものと入れ替わる代謝という機能を利用して行います。
歯を支える骨の代謝も一生涯を通じて行われるため、大人になっても矯正は可能です。
一昔前までは矯正は子供や若い人がしている事が多かったのですが、最近は40代~60代以上の中・高齢者で矯正治療をする人が増えています。年齢を重ねたからこそ気になる歯のトラブルを矯正によって根本的に解決する事も、大人になってから矯正を行う意義と言えるでしょう。

子供の矯正とは仕組みが違います

子供の矯正は成長中のアゴの骨も含めて歯並びを考えて行いますが、大人の矯正は出来あがったアゴや歯並びを前提に、歯を動かしていくようにするため大人でも矯正は可能です。
永久歯も生えたてで、歯ぐきもまだまだ健康な子供に比べ、大人の歯並びは、歯ぐきや噛み合わせの状況、これまでの虫歯治療のあとの被せ物やインプラントなどとの様々な兼ね合いを考えてお口の状況に応じた治療することとなります。
このような違いから、大人の矯正は期間や費用が子供よりもかかってしまう事もありますが、これからご紹介する様々なメリットとあわせて矯正をご検討ください。

この年齢になって矯正する意味はあるの?

矯正によって歯並びや噛み合わせを改善することは、見た目の美しさや歯並びへのコンプレックスの解消といったメリットだけにとどまらず、今まで大切にされてきたご自身の歯を、この先も健康に使いつづけることにもつながります。

噛み合わせが整い、虫歯や歯周病になりにくくなります

矯正治療は「見栄えを良くする」というイメージが強いものですが、それ以上に重要な効果は「噛み合わせの改善」ができるという点です。
噛み合わせは歯の健康を大きく左右する、ということが近年関心を寄せられています。
歯並びを整え、噛み合わせを整えることで、お口の中を衛生的に保ちやすくなり、噛む力の負担が偏よらなくなります。
そして、歯を失う原因となる虫歯や歯周病になりにくなるわけです。

歯の機能を改善し、今ある歯を長くもたせられるようになります

噛み合わせから考えて矯正を行うことで、歯を失うリスクを減らし、ご自身の歯を健康なまま長持ちさせる。
これが、年齢を重ねてから矯正を行う大きなメリットです。

また、噛み合わせの良しあしは、咀嚼や発音といったお口の機能や、消化の手助け、肩こりやストレスなどにも影響があります。お口や全身の健康をより良いものにし快適な生活を送っていただくためにも、矯正による噛み合わせの改善は重要となります。

フェイスラインがすっきりし、若々しくなります

歯並びは、アゴやフェイスラインの形にも影響します。歯並びが整うと、フェイスラインがすっきりと引き締まり、周囲に若々しい印象を与えます。
最近は、中・高齢者といっても、アクティブに活動している方や、若々しく精力的に働かれている方がたくさん居ますよね。矯正治療によって、「長年のコンプレックスから解放された」という患者さんが多くいらっしゃいます。

大人ならではの矯正の不安にお答えします

歯や歯茎が衰えてきているが矯正はできるの?

虫歯の治療によってかぶせ物がある、歯周病と以前診断された、といった歯の健康状態に不安をお持ちの方も当院にお任せください。
当院では虫歯を専門とする認定医が在籍していますので、矯正の前に虫歯のチェックと治療等の前準備をしっかり行い矯正治療に移ります。
虫歯の認定医がいる歯科医院は数が少なく、その点でも当院を選んでいただいております。当院は虫歯でブリッジや入れ歯が入っている方の矯正の症例数も多く、安心して治療を受けていただけます。
また、歯周病学会で認定された歯周病専門医がいますので、歯周病のある方、他の歯科では歯周病がひどく矯正できないと断られてしまった方にも歯周病の治療から行い、その後矯正治療を行っております。

歯や歯茎が衰えてしまっている方は、通常の矯正より考慮すべき点が多くなりますが、当院では虫歯・歯周病・補綴(かぶせ物)の学会の認定医や専門医と矯正の歯科医が連携して学会の最新の治療法も視野に入れ、あなたのお口にあった総合的な治療計画を立てて矯正いたしますので、ご相談ください。

これまでは矯正は成長途中の健康な歯茎を持った子供がするものといった印象もありましたが、矯正装置や方法の改良・多様化により大人でも矯正できる場合が多くなってきています。
しかし、歯周病が治っていないなどの歯茎のトラブルを抱えた場合は十分な矯正は行えないため矯正の前に治療が必要となってきます。

仕事や人間関係の都合上、矯正とバレては困る・・・

人前に出るなどのお仕事の関係や、結婚式といった大事な節目を迎える、周囲の人に気づかれたくないなど、矯正を知られると困るという方は少なくありません。
従来の矯正は歯の前面にワイヤーが目立ってしまいましたが、現在では透明なマウスピースを使用した矯正や歯の裏側に器具を装着するなど、目立たない矯正方法も選択できるようになりました。

目立たない矯正について更に詳しい情報はこちらをご覧ください

大人になってからの矯正の注意点は

時間がかかるため、可能な時期を選ぶことも大切です。

矯正はまとまった時間がかかってしまうものです。矯正治療に集中できる時期を選んで頂くことが矯正を成功させるポイントです。
矯正のスケジュールにお悩みの場合は、様々なご都合や人生プランとの兼ね合いも踏まえてご相談いただき、適切なタイミングと方法での治療計画をご提案いたします。

抜歯が必要な可能性もあります

当院では基本的に歯を抜かない矯正を行っています。
健康な歯を抜かないですむなら、それに越したことはないというのは患者様としても当然のお気持ちと思います。
ですが大人の矯正の場合、顎の歯に対して、歯を並べるスペースが十分ではなく抜歯を提案することもあります。
スペースが確保できないまま矯正をしてしまうと、噛み合わせや歯並びを十分に整えることができず、数年後にまた乱れてしまう可能性もあるからです。
当院では噛み合わせを第一に考え、矯正を成功させるためには歯を抜く必要があるのか必要が無いのか、患者さま一人ひとりのお口に応じた治療をご提案いたします。

歯周病など、お口の状態によってはすぐに矯正はできません

虫歯や歯周病などを抱えたままでは正しい矯正を行うことができません。結局は「見た目はキレイなのに、しっかり噛めない」「矯正してしばらくしたら、また歯並びが悪くなってきた」など、やりなおしになってしまいます。
まずは歯の土台から治して、万全の準備を整えてから矯正を行うことが失敗しない矯正のためのポイントです。

当院ではお口全体を拝見し、矯正治療に適した状態になるよう総合的な治療計画を立てることで患者様に負担やムダな期間、費用をかけない矯正を行っています。

矯正にかかる費用

矯正治療は保険の効かない自費治療となります。(例外として顎変形症や口唇裂・口蓋裂などの先天異常には保険適用の場合有り)
平均的な費用として80万円から、裏側矯正の場合120万円が目安となります。

治療費が高額になる矯正治療ですが、矯正担当医が「噛み合わせが悪く、機能的な問題があるため、矯正治療が必要」だと診断し、確定申告で診断書を提出した場合には医療費控除を受ける事ができます。

実際にかかる費用は患者さまのお口の状況や治療方法によって変わってきますので、治療の相談の際に費用面での説明も受け、疑問や不安を納得いくまでご質問いただけますようお願いします。